種 子 島 弁

で 語 ろ う
種子島弁で語る
ほとくり掲示板へ

種子島出身者、在住者がふるさとの言葉、種子島弁、方言で語り合う掲示板〜茶も飲もうから上がり申せよ〜種子島で生まれ、育ち、生活し、種子島の文化を愛する人は誰ぃも寄ってくれ申せまー

ほとくり掲示板 新着




  ほとくりの会とは、生まれ育った遠い故郷、種子島を懐かしむ者同士が集まり、種子島弁丸出しで語り合い、心の底から笑い、そして励まし合うことによって、都会生活での仕事、子育て、人間関係などによる疲れ、ストレスを発散して、心身のリフレッシュすることを目的とした会です。
この会は、平成4年10月、関西在住の有志によってつくられ、2〜3年に1回集まりをもってきました。会員は現在33名です。関西に限らず島を離れて暮らしている方、島で頑張っておられる方、どなたでもようござい申すからメールをください。掲示板にも書ーちぇくれ申せよー。お待ちしおります。
発起人 カライモンセン氏のメッセージ
●「ほとくりの会」ができた経緯
ある飲み会の帰り道、神戸三の宮のネオン街を一緒に歩いていた島間出身のヨカニサーが切り出しました。「カライモ畑のほとくりの草には難儀したがな〜」数日後、この話を同じく島間出身のヨカヨメジョウさんにしたところ、すっかり都会の奥様になられたヨカヨメジョウさんも、 「けえぇ、懐かしかな〜、ほとくりの草は種子島の匂いがするもんな〜」と、乗り気でした。そして、「わんたち、カライモンセンも料って集まろうから」ということになり、平成4年10月、この会ができたのです。
●「ほとくりの会」と名づけた理由
☆ほとくりの話をすれば種子島で難儀をしたことを思い出し、今の苦労を忘れさせてくれるような気がするから。

☆ほとくりの草を思い出せば、踏んでも蹴られても、引き抜いて捨てられても、照りつける太陽の下でも絶対に枯れることなく、しぶとく生き抜いていたその様が、私たちに力強く生きる勇気をあたえてくれるような気がするから。

☆ほとくりの草は人に嫌われていたが、良薬口に苦しのごとく、お人好し過ぎる私たちに、時には苦味や割り切る心を教えてくれているような気がするから。

☆ほとくりの草を、心身をリフレッシュし、明日への勇気を与えてくれる薬草として、時々思い出したい気がするからです。



リンクはフリーです    相互リンク歓迎! 管理人への手紙 

種子島 出郷者・在郷者ネットワーク 20150726-20570
copyright(c)2000-2015 Hotokuri All right reserved










エビネ蘭専門店・極園







↑音が出ます。音量下げてネ!



種子島の祭り・風景動画



スィーツのお店 芋庵

有為野夢助
ひょっこらさ〜「からいもの花」

種子島開拓団史/長谷地区
種子島観光協会

種子島の動画/ふるさとの歌
種子島高校
種子島中央高校
中種子高校
南種子高校

♪南種子高校万歳!!

♪古老が歌う種子島民謡

*種子島の歌
99円でダウンロード


紫芋・安納芋のOrga種子島









種子島を舞台に2人の少年の
成長を描く/守野きのこ・著